第1回 HEART rate トレーニングが開催されました


初回の参加者は急遽キャンセルが2名出て、9名での開催となりました。

HEART rate トレーニングについては前回のblog記事を参照してください。

みなさんにはみぞおちにpolarのh10という心拍センサーを装着してもらい、スクリーンに大きく全員の心拍数を表示し、セッションはスタートです。

本日の流れ

・ウォーミングアップ

トゥタッチウォーク→バトルロープジャンプ
全員でバトルロープをオーバーヘッドで持ち、1列になってのランジウォーク
3目並べのチームバトル
(バタバタしてしまって写真を撮れませんでした。。。)

3目並べは3人vs3人のチーム対戦ゲームで、走って3×3の目印の上にタオルを置き、走って戻ってきて次走者と交代、タテヨコナナメに3つタオルを早く揃えられたチームの勝ち。4人目はすでに置いてあるタオルを移動させて、相手のタオルが揃わないように妨害しつつ、自分のチームのタオルを3つ並べるという頭も使うゲームです。
僕も一緒にゲームに参加したのですが、勝ちたい欲求がテンパらせてしまい、最後の最後に前走者が帰ってくる前にスタートしてしまうというチョンボをおかしてしまい、チームの足を引っ張ってしまいました!。でも楽しかったです(笑)

・座学

3つのコンディショニングスキルについて10分ほど講義をさせていただきました。
座学風景

  • ダイナミックエネルギーコントロール
  • 回復と呼吸
  • 疲労運動制御

これを踏まえて、心拍数をどうコントロールしていけばいいのか?
上がってしまった心拍数を素早く落とすために何をすればいいのか?
疲れて来た時に気をつけたいことは何か?

を考えながら、この後のHEART rate boxingとDVRTサーキットトレーニングを行います。

・HEART rate ボクシング

心拍数をモニターしながら音楽に合わせてボクシング。
まずは比田勝コーチの見よう見まねで、やりながら慣れて行く感じです。
(これまたバタバタしてしまって写真を撮れていません。。。)
音楽に合わせてコンビネーションパンチを繰り出し、ミットを持ったトレーナーが自分の前に回って来たら強くミットを撃ち抜きます。

終わった後はほどよい疲労感で、みなさん良い笑顔をされていました♪

すぐに、座学でカバーした呼吸のテクニックを使って心拍数を早く落とします。
1分間で40以上落とせたら、なかなか優秀な有酸素能力です。

・DVRTサーキットトレーニング

アルティメットサンドバッグという、中に砂や水の入ったバッグを使い、3種目を3人ずつローテーションしていきます。
本日の種目は

      デッドリフト
      シングルレッグロワリング
      ラテラルバンドウォーク

DVRTサーキットトレーニング
サーキットトレーニング
1分ON 30秒OFF(休憩)で種目をローテーションしていきます。
休憩の間は、回復のテクニック。上がってしまった心拍数を素早く落とすべく頑張ります。

・クールダウン

横隔膜が働きやすいポジションをとり、ゆっくり呼吸をくりかえします。
心拍数をしっかり下げて終了です。

・感想

初回ということもあり、スムーズさにかけることもありましたが、みなさんの協力もあって楽しく終えることができました。
参加されてどのように感じたかのアンケートをお願いしていたので、集まりつつある結果をドキドキしながら拝見すると、



ありがたいお言葉をいただけて一安心です。
まだまだブラッシュアップして、さらにわかりやすく楽しいものにしていかなければと思います。

・次回開催

4月21日(土曜日)と4月29日(日曜日)の開催が決定しています。
会場は前回と同じ、西区役所 ウェスティ堺の3階レッスンルーム(リハーサル室)です。
時間は第一部が9:30から、第二部が10:50からです。

・お申し込み

参加ご希望の方はこちらからお申込みをお願いします。
みなさまのご参加お待ちしております。