ウェスティ堺(西区役所)にてHEART rate トレーニング開催【心拍数をモニターしながらのグループセッション】


HEART rate トレーニング

第2部 HEART rate ボクシングの様子

HEART rate トレーニング
『科学的にエネルギーコントロールと有酸素能力を向上させる』

みなさん、運動時間が減ってませんか?

大人になると、ほとんどの方が運動量が減っていきます。

  • デスクワークで1日中座っている。
  • 外で遊ぶことがなくなった。ごはんを食べに行くか飲みに行くかばかり。
  • 車や電動自転車での移動が多い。
  • 階段ではなく、エレベーターやエスカレーターを使ってしまう。

中にはそんな状況に危機を感じて、運動習慣を取り入れる気持ちを持った、すばらしい方達もおられますが、こんな声もよく聞きます。

  • 思い立ってやる筋トレやランニングは、すぐやめてしまう。
  • ジムに行き始めたけど、トレーニングのやり方があってるのかどうか、わからない。何をやっていいのかわからない。
  • 走ってると、膝や足裏などが痛くなってやめてしまった。
  • 楽しくない、続かない!

そんな状況を改善するために、トリガーポイントがグループトレーニングメンバー(HEART rate トレーニング)を募集します。


『どんなことをするの?』

HEART rate トレーニング

12名で行うグループエクササイズです。

polar社のH10というセンサーを使い、リアルタイムの心拍数をモニターに映し出します。
以下写真の様に、全員の心拍数を、プロジェクターで大画面に投影します。
polarteam

目標心拍数を維持しながら、ボクササイズやDVRTサーキットエクササイズなどを行います。

1・ウォームアップ

ウォームアップではゲーム要素を取り入れ、楽しみながら体温を上げられるようなエクササイズを行います。
チームに分かれ、対戦形式でゲームをしているうちに、少し汗が出てきて準備完了です。


2・DVRT

サーキットトレーニング
ダイナミック・バリアブル・レジスタンス・トレーニングの略で、特定の筋肉を鍛えるのではなく、動きそのものを鍛えます。
水や砂が詰まったバッグを使うのですが、そのおもり自体が水や砂なので不安定です。バッグの中で変形、加速、減速し、体にかかる抵抗や重心が変化します。それに抗うために、自然とコアが使われ、正しい動作へと導いてくれます。
スポーツジムに置かれているようなマシンでのエクササイズは、目をつぶって適当に動かしても、100回動かせば100回同じ軌道を通るように設計されています。
しかしそれでは脳活性が起こりにくい上に、日常生活やスポーツ現場であまり働いてくれない筋肉が出来上がります。
大工さんが釘を打つのでさえ、毎回微妙に違うルートを通り、1回とて同じ軌道を通らないと言われています。
DVRTでは3次元で身体を制動しなければならないので、より実用的な筋肉が育ちます。

DVRTは「動きそのもの(神経系)をトレーニングする」「正しい動作に導く」というトレーニングシステムです。
このDVRTをサーキット形式で、グループで行います。

正しく動けている感覚があると、運動は楽しいものになってきますよ。

トリガーポイントではDVRTを積極的に行っており、後藤はDVRT Level 1 & 2 & RestorationDVRT認定トレーナーでもあります。

3・ボクササイズ

HEART rate ボクシング
ボクシンググローブを装着して、まずは音楽に合わせて、パンチ・ステップ・ダッキングやスウェーといったディフェンスのテクニックを織り交ぜて動きます。
担当トレーナーの比田勝は、元プロボクサーですので、動作のコツなどをわかりやすくお伝えします。
その中でも自分の心拍数を確認しながら、設定された心拍数(例えば130から150の間)に維持します。
低すぎても高すぎてもいけません。
ただがむしゃらに、気合や根性だけなどではなく、心拍数を通して自分の体から疲労の情報を受け取ることで、効率よく、脂肪燃焼、有酸素能力の向上を達成できます。


『大人のクラブ活動 始まります』

一人だと、限界を早めに感じてしまい、なかなか全力を出し切れませんよね。
でもグループでエクササイズを行うことで、メンタルのブレーキがかかりにくくなり、一人でやるより不思議と頑張れちゃいます。
さらに心拍センサーをみぞおちに装着し、自分やみんなの心拍数を目で見ることで、ペース配分、爆発能力、他の人の疲労度や頑張り具合がわかりやすく、計画的にトレーニングに取り組めます。



『トレーニングで何を得るのか?』

体は正直です。
日々の生活やトレーニングは必ずあなたに現状を教えてくれます。
怠惰な生活を送ってると怠惰な体型や見た目になり、トレーニングに打ち込む人は、それに応じた見た目へと変化していきます。

仕事や恋愛は100%頑張っても報われないこともありますが、トレーニングはやればやっただけ、必ず答えがもらえます。
その点がやり出したらハマる要因でもあるのではないかと思います。

ウェスティ堺で行う今回のグループエクササイズでは、コンディションを高める、有酸素能力を高める、ということを目標に進みます。

なぜ有酸素能力の向上が必要なのでしょう?
有酸素能力が向上することで得られる恩恵として、以下のようなものがあります。

  1. 炎症を低減する
  2. 高いレベルの有酸素能力は、身体の持つ最高の抗炎症経路の一つである迷走神経の機能向上を促進させることで、炎症を抑えます。

  3. 長生きする
  4. 最高の有酸素能力である長距離選手たちは、運動をしていない人たちに比べて最長7年も長生きすることが示されています。

  5. 体脂肪を燃やす
  6. 高いレベルの有酸素能力は、脂肪の燃焼炉であるミトコンドリアの数とその質を向上させ、体組成の改善を支えます。

  7. 病気のリスクを下げる
  8. 数多くの研究によって、有酸素能力と最大酸素摂取量は、心肺系疾患や脳梗塞、そして他のよく見られる致死性の高い病気のリスクを減少させることが示されています。

  9. 記憶力の向上
  10. 認知力を向上させ、記憶力の低下を防ぎ、意思決定に関連する脳の領域における機能のサポートの手助けをすることができます。

  11. パフォーマンスアップ
  12. スポーツや日常生活において、最初から最後まで、ずっと最大出力を維持することは不可能です。
    エネルギーは無限ではないので、『絶対量を増やす必要がある』or『コントロールする必要がある』のです。


    これがないと、すぐにガス欠、必然的に急速な疲労を導きます。

  13. 呼吸のテクニック向上
  14. 呼吸は1日に最も多く行う運動です。毎日15,000回ほど呼吸します。
    「腕立て伏せ15,000回!」とか言われると、無理ですよね?でも呼吸は毎日それだけやってるのです。
    1日15,000回、1ヶ月で何回?1年で何回?
    その呼吸が間違ったものや下手なものであったら?

    炎症についてもう少し知りたい方は、過去BLOG記事のこちらをご覧ください。
    体に脂肪が多い人は、慢性的に炎症が起きていることが多く、生活習慣病と言われる病気になりやすい状態にあります。
    ですので、健康のためにも過剰な体脂肪を落とす必要があります。


    『マッスルメモリ』『サルコペニア』という言葉をご存知でしょうか?

    『マッスルメモリ』は一度鍛えた筋肉は、衰えても、もう一度トレーニングを再開した時に戻りやすいという研究結果から生み出された言葉です。
    少しでも早くから筋力をつけておくことが大切になります。
    また、男性は50歳を境に急激に、女性は35歳から緩やかに、大腿直筋と呼ばれる太ももの筋肉が落ち始めることがわかってきました。
    人間は加齢に伴い、骨格筋の量や筋力低下を起こします。
    これが『サルコペニア』と呼ばれるものです。
    歩行速度が遅くなったり、エネルギー消費効率が低下し、糖尿病や脂質代謝異常などのリスクが高まります。

    このような年代・性別に合わせた、正しい知識、科学的な情報やデータを元に、トリガーポイントではトレーニングを一緒に実施いたします。

    『プログラムコンセプト』

    1. 正しい知識の習得、正しい動作パターンの獲得を目指す
    2. 仲間と一緒に高め合う
    3. 通常の半額以下の料金で、長く健康的な体づくり


    運動はみんなでやった方が楽しい
    運動は楽しくないと意味がない

    目的を持ってトレーニングしてますか?そのための手法は科学的に正しいものですか?
    運動は継続することが大切ですが、モチベーションを保つことが難しかったりしませんか?
    ジム通いはなかなか足が向かないという経験はありませんか?

    そこで大人のクラブ活動です。
    エクササイズ仲間ができて、みんなで楽しみながら運動できれば、あなたにとって素敵な趣味にもなりますよ。

    【ウェスティ堺】グループサーキットトレーニング申し込み

    【日時】
    5月20日(日)
    5月27日(日)
    6月16日(土)

    第1部9:30〜
    第2部10:50〜

    【会場】


    堺西区役所 ウェスティ堺 3階リハーサル室

    【費用】

    1回2,000円

    第1部と第2部の両方参加される場合は500円割引の3,500円になります。

    【定員】

    各回12名

    【プログラムスケジュール】

    <第1部>DVRTサーキットトレーニング

    • 9:15〜受付開始
    • 9:30〜1部セッション開始(心拍センサーを装着していただきますので、開始10分前にお越しください)
    •  ①ウォームアップ
       ②講義
       ③DVRTサーキットトレーニング

    • 10:20 第1部 終了



    <第2部>ボクシング

    • 10:35〜受付開始
    • 10:50〜2部セッション開始(心拍センサーを装着していただきますので、開始10分前にお越しください)
    •  ①ウォームアップ
       ②説明、練習
       ③HEART rate ボクシング

    • 11:50 第2部 終了


    『ご予約』

    ご予約は

    ①お電話:072-249-3427

    WEB予約←予約ページへ飛びます

    のいずれかでどうぞ。

    『参加してみたいけど、一人では不安、、、』

    という方もおられると思います。
    大丈夫です
    社会人になると、学生の頃のように頻繁に友達と遊ぶ機会が減りますし、会うメンバーもだんだん限定されてきますよね。

    トリガーポイントでは、トレーニングを通じて、新しいコミュニティが広がっていけばいいと常日頃考えております。
    実際、トリガーポイントで顔を合わしているうちに、一緒に旅行へ行く程に仲良くなったり、結婚したりした方々もおられます。
    そんな方々も、最初は不安の中、新しいことを始めてみようと一人で飛び込んでみた方ばかりです。

    誰だって新しいことを始める最初の1歩はためらうものですよね。
    みなさんそうだと思います。

    不安な気持ちはわかりますが、少しでもやってみようと感じることができれば、是非参加してみてくださいね。
    絶対に参加してよかったと思ってもらえる自信があります。
    ご参加お待ちしております。
    お問い合わせもお気軽にどうぞ。

    4/12に開催された第一回の様子はこちら