concept_sp

CONCEPTコンセプト

TOTAL BODY CONTROL

「いまあなたに必要なことは?」

それはトレーニングかもしれませんし、教育(知識)かもしれませんし、治療かもしれません。
いまあなたに必要なことに取り組んでいない場合、せっかくの努力が時間の無駄に終わってしまうのです。

結果の出ない、リバウンドを繰り返す間違えたダイエット
運動によって引き起こされる膝や腰の痛み
頑張っているのに言われた通りに動けない、力が入り難い

何が問題なのでしょうか?
取り組むべきこと、順番が間違えているのです。

「脳活動を活性させることが大切」

身体のどこかが痛い、だるい、疲れる、姿勢が悪い、イメージ通りに体が動かない(例えば、狙った所にボールを投げられない)、ふらつく、めまいがする、、、挙げればキリがありませんが、それらはエラー信号です。
それらのエラーは全て『 脳 』が感じていることであり、指示していることでもあります。
脳には「痛みを感じる領域」「色を認識する領域」「感情を司る領域」「運動を生成する領域」など、様々な領域に分かれています。これらの領域はそれぞれに繋がりがあり、恐怖を感じると腰が痛くなる、目が悪くなると筋緊張が増えるなどということが起こります。
脳の各領域の低下は、繋がりのある領域の低下を起こします。長期間に及ぶと脳全体の活動が低下します。

痛みが治らない、姿勢が悪い、膝の故障の原因の一つのニーイン(しゃがんだ時に膝が内側に入ってしまうこと)、脂肪を燃焼するサイクルに入れずにダイエットが進まない、色々ありますが、元をたどれば全て脳活動に問題のあることです。

呼吸や栄養や睡眠やトレーニングで脳活動を活性化させることで、飛躍的に目標達成までが短縮されます。

dsc00891

「自分の身体のことは自分ではよくわからないもの」

だからエラーがおきるのです。

なによりも評価を大切にしています。
なぜ、今この問題を抱えているのか?
なぜ、それが解消されないのか?

ここには少し時間をかけて、スクリーニングやテストや問診など、詳しく評価をします。
トリガーポイントでは確かな診断技術と知識の提供を大切に考えています。

ハードルステップ

「努力を無駄にさせたくない」

変わりたいのに変われない
ジムでのトレーニングも長続きしない
ダイエットも何度も試みたが。。。

そんな失敗を繰り返してきた方をマンツーマンでサポートし、なりたい自分を手に入れて毎日を楽しく過ごせるお手伝いをします。

日々、確実に前進しているという実感を持ってもらうことがトリガーポイントの使命です。

dsc00847

目的別エクササイズ

「1.ダイエット」

仕事や恋愛は100%努力しても報われないことがありますが、ダイエットは必ず報われます。
失敗したと言っている人は以下の3パターンです。

①方法が間違っている = ダイエットではない

例/ ~するだけで楽々・・・、◯◯◯を食べると痩せる・・・など

concept3

②効果が出るレベルに達していない

ある程度のレベル以上やらないと体は変化しません。
特に筋トレは「現在できる事を頑張ってやっている」だけでは体は変わりません。
人間の体は、いまある力では補えないと判断するから変わろうとするのです。
例えばある人が、腕立て伏せを何とか10回出来るとします。その人が3年間腕立て伏せを10回毎日やっても筋力が上がることはありません。
もともと腕立て伏せ10回出来る体力があるのですから・・・
食事もそうです。カウンセリングでは「カロリーの高いものは極力ひかえてるのに全然やせない。」と言っていた方が食事記録を書いてきてもらうと、明らかにカロリーオーバーなことが多いのです。
「ダイエットっぽいことをやっているつもり」の方がほとんどです。
「何をやっても痩せない」という方は実は「何もやってない」ことが多いのです。

balance

③結果が出る前にやめてしまう

体質や運動経験、仕事や生活環境などによっても個人差があるのも現実です。
正しいやり方で、適正な負荷の運動、適正なカロリー摂取を守っていれば必ず結果は出ます。
目先だけのダイエットを始めては止めるの繰り返しでは無駄なだけでなく、ますます痩せにくい体質になる可能性もあります。そうなると悪循環です。
3ヶ月で10kg痩せる人がいれば1ヶ月1kgずつゆっくりの方もいます。
「もし痩せるのに1年かかる」といわれたら「そんなに頑張れない」という方もいるでしょう。
ですが過去1年を思い浮かべてください。
とてつもなく長い年月ですか?
あっという間ではなかったですか?
「1ヶ月で」中には「数週間で」などという言葉にひかれて、その都度少し痩せては戻るを繰り返し、結局やせていない歴何年ですか?
厳しい言葉が続きますが現実です。
これを受け入れて、正しいやり方を結果が出るまで継続した方だけが自分にとって理想の体を手に入れるのです。

concept4

「2.パフォーマンスアップ・機能改善」

誰しも少なからず関節の歪みを持っています。歪んだ関節でトレーニングを行なっても、筋肉が十分に発達しないだけでなく、歪んだ状態をより頑固にしてしまう危険性もあります。
歪みを正す事はパフォーマンス向上に繋がります。

関節の歪み改善
関節が滑らかに動かなければ運動は有害なものになってしまいます。関節の変形を加速させないためにも、まず滑らかに動く関節を取り戻し、その上で筋肉を鍛えます。

トリガーポイントではリアラインコンセプトを基に関節の歪み改善をサポートします。

アライメントの問題? モビリティーの問題? スタビリティーの問題?
運動パフォーマンスが上がってこない要因の大きな原因のひとつに、取り組むべき課題が間違えているということがあります。
トリガーポイントでは、まず何に取り組まなければいけないかを、しっかりとした説明と共に処方します。

consept2

「3.肩コリ・腰痛等の身体の悩み改善」

よくあるケースを例に出してみます。
首が痛くて右に振り返り難い。その方はずっと肩や首のマッサージと動きが悪いことに対して首のストレッチを行っているがあまり調子はよくないとのこと。
立位では確かに右への首の可動性はよくありません。しかし仰向けに寝た状態で右へ向いてもらうと必要な可動域がありました。
つまり右へ振り返るだけの組織の伸張性に問題はなく、そんな方が首のストレッチなどを行うことは必要でしょうか?
無駄な努力と言わざるをえません。
SFMAというテストをすると、胸椎や股関節以下に多数の問題が見つかりました。
この胸椎や股関節以下の問題が解決されないままだと、首をマッサージしても楽になったと感じるのはほんのわずかな時間だけでしょう。
問題は繰り返します。
原因が解決されていないからです。

トリガーポイントの治療では診断に時間をかけます。
治療はしっかりと原因を明らかにして、徒手的なもの(トリガーポイントマッサージ、組織間リリース、マニュピレーション…etc)や、運動療法など、診断結果により適切かつ必要な治療を行います。

treatment3

「思い立った時に遅すぎるということは無い」

黒柳徹子さんがピアノを始めた理由が素敵です。

「私はピアノを始めた時、いい年だったのよ。今から習ったってしょうがないわよって年。
でもね、考えたの。
今始めなかったら来年の今頃、私はこう思うわ。

『去年始めていればピアノ歴1年だったのに』って。

そして10年経ったらやっぱり10年前に始めていれば良かったって思うかもしれないでしょ。
だって10年も続ければもう初心者じゃないわ。ピアノ歴10年て立派なキャリアよ。

だから私は思うの。何事も始めようと思い立った時に遅すぎることは無いの。
その瞬間から始めればいいの。
何年か後で、あの時始めればよかったって後悔するよりいいわ。」

img_0340

あなたも、『変わりたい』 『やってみようかな?』 と一瞬でも思ったなら、今がその時です。
始めるきっかけです。

img_0392